トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

メルコ社製ブロードバンドルータのファームウェア更新について

概要

メルコ製のいくつかのブロードバンド製品において、特定パケットがネットワーク上を流れた場合に、それに反応して異常なパケットを出力するという現象が観測されています。

上記動作を同時に行なってしまうため、特定パケットが流れた場合に複数のブロードバンドルータが一斉にパケットを流してしまいます。その結果、一部の場所において一時的に通信が通りにくくなる、という現象が起きています。

少なくとも、以下の製品についてはそのような動作を行うことがわかっています。

  • BBR-4HG

上記以外のメルコ製品についても、同じ動作をする可能性があります。

上記不具合はメーカーに連絡済みで、最新のファームウェアでは修正されております。つきましては、メルコ社製品をお使いの方はルータのファームウェア更新をお願いします。

問題が解決されているファームウェア

  • Ver 1.44
  • Ver 2.02
  • (2012/4 修正)

特定の状況で、上記ファームウェアでも特定の状況下で問題が発生する場合があることが新たに確認されました。下記ファームウェアへのアップデートをお願いします。

  • Ver 1.45
  • Ver 2.03

BBR-4HG の種類によって異なりますので、下記ページにて確認して下さい。

http://buffalo.jp/download/driver/lan/bbr4hg_fw-win.html

アップデートの方法

 Ver 1.04 以前

ファームウェアの自動更新に対応しておりませんので、メーカーホームページよりファームウェアを取得の上、アップデートすることになります。

下記ページよりファイルを入手してください。

http://buffalo.jp/download/driver/lan/bbr4hg_fw-win.html

入手後、ルータ管理画面より「アドバンストモード」→「管理」→「ファームウェア更新」を選択し、先ほど入手したファイルを指定してアップロードすることで更新できます。

 Ver 1.42 以降

ファームウェアの自動更新に対応しておりますので、ファイルを取得する必要はありません。ルータ管理画面より「アドバンストモード」→「管理」→「ファームウェア更新」を選択し、「更新方法」の選択ボタンを「自動更新」にして更新ボタンを押すと更新されます。

[通知用URL]