トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

PROTECTED ネットワーク

PROTECTED ネットワークについて

  概要

  • PROTECTED は、本学の構成員を対象としたホスト端末を中心とする機器を収容するネットワークです。外部を起点とした通信が行えないためサーバ等は設置できませんが、PC、スマートフォン等で web、メールその他の一般的な通信を行うことが可能です。
  • PROTECTED 内から外部への通信は全てファイアウォールにてアプリケーションレベルで監視をしております。ウィルス等による不正な通信は通知ないしブロックがおこなわれます。
  • 監視および通信制限の詳細はセキュリティポリシー一覧をご参照ください。

総合文化研究科での取り扱い

  • 総合文化研究科では、試験的に PROTECTED ネットワークの提供をおこなっています。
  • 建物内の一部の部屋(複数でも可)の有線ポートを PROTECTED ネットワーク化する、という形での提供をおこないます。
  • 有線ポートの切り替えを行いますので、従来の支線IPアドレスでの接続はできなくなります。
  • 部屋に複数有線ポートがある場合、一方を従来支線、一方を PROTECTED として使うことは可能です。
  • utroam が来ている場所であれば、komaba-user の ssid で PROTECTED 支線に接続することが可能です。

申請方法

下記内容を記入のうえ、メールにて情報ネットワーク室(ins-staff@c.u-tokyo.ac.jp)までご相談ください。

----- PROTECTED 支線 試験運用申し込み -----
申請者(管理者)
 氏名:

 連絡先 e-mail:

 連絡先内線番号:

使用する建物(複数可):

使用する部屋番号(複数可):
 
--------------------------------------------

参考情報

[通知用URL]